頼れる上司になれ!社員研修で部下から信頼を勝ち取るには

社員研修といえどもしっかり準備をして臨もう

社員研修とは一般的には集合教養という形で、研修生を一か所に集めて講義や演習という形で行う研修のことです。現場で仕事をしながらスキルを身につけるオン・ザ・ジョブ・トレーニングと異なり、座学を行ったり受講生同士で討論をさせたり、または、仮想の想定を用いてロールプレイを行ったりすることもあります。
上司が講師になって部下に対して社員研修を行うときの注意点としては、まず第一にしっかり準備をして臨むということが挙げられます。どのような仕事をする場合でも万全の準備をして臨みなさいという教えは研修で伝えたいことの一つですが、肝心の講師が準備不足のまま研修を行っては部下からの信頼を勝ち取ることはできません。言行一致の範を示すためにも、研修で何を教えるのか完璧な準備をして臨むことが大切です。

多角的なものの見方を教えよう

研修で伝えたいことは多岐にわたりますが、上司の視点から部下に教えることになりますので、単なるノウハウの伝授にとどまっていては部下にとって物足りないと考えられます。この上司ならついて行きたいというような内容を盛り込むためには、上司は多角的な視点で物事を捉えているということを教えることが大切になります。例えば、仕事を行うに当たって重要なこととして単に品質の向上だけを訴えるのではなく、納期という時間的制約があることや、マンパワーや予算などのコスト的な制限があるということを伝えてみるのはいかがでしょうか。話を聞いた部下にとっては、目からうろこの話です。上司は様々な観点から物事を考え判断しているのだということが分かれば、部下は納得して上司についていくことでしょう。