上司の腕の見せ所!社員研修で新人を急成長させる方法

まずは仕事を教えるにあたっての心構え!!

上司、先輩にとって新人の指導というのはいつだって大きな役割の一つです。 自分が受け持った新人がどれだけ成長できるかは自分の評価にも繋がります。新人が普通より早く仕事ができるようになれば育成を受け持った自分の評価も上がります。しかし、新人がいつまでたっても新人並みの働きしかできないようではその逆もし然り。周りから自分までもが厳しい視線を向けられてしまうことでしょう。新人が限られた期間の中でどれだけ成長できるかは自分自身の仕事の評価ととらえましょう! では一体、どうしたら新人の成長速度を上げることができるのでしょうか?大事なのは短い期間にどれだけ詰め込めるか?綿密なスケジューリングによる育成計画?いやいや、大事なのはちょっとしたコツです。 育成の基本となる考え方を持つだけで新人の成長速度は目に見えて変わってくるはずです。

育成全体に通じる考え方

ある上司についた部下はみんないつまで経っても仕事を覚えられず、怒られてばかり。こんな光景を目にしたことはありませんか?自分がこうならないように次のことをいつでも忘れないようにしましょう。これらのことを考えてあげられれば育成がずっと楽になります。 ・相手の気持ちに立って考える 自分が新人だった頃を思い出してみてください。その時に自分が教えてほしかったことを思い出して、そこを教えてあげる。この考えをもつだけで右も左も分からない新人にはとても有難いです。 ・まずは相手の意見を受け入れる 新人の言うことには間違っていることも多いです。しかし、そこで真っ向から否定しては育つスピードは遅くなってしまいます。まず相手の意見や考えを受け入れる。そこから間違いを指摘することで良好な関係が築けます。 以上2つのことを心がけてみてください。簡単なことですが意外とできていない人が多いので育成の面で周囲と差をつけられますよ。